• Twitter
  • FB
  • mail
  • 株式会社ニコン相模原製作所~インタビュー編~

    こんにちは!

    さゆりです^^
    3月13日に株式会社ニコン相模原製作所に行ってきました!
    ニコン①

    今回、取材に応じてくださったのは、
    新地さん
    鈴木さん
    帰山さん
    の理系出身、女性社員3人です!

    ●2年連続でなでしこ銘柄に選定されているニコン 女性にとって働きやすい職場と感じるときは?
    鈴木さん
    「良い意味で男女の差が無く、女性も活躍できるところだと思います。産休育休などを活用しながら、長く務めている女性社員も多いですよ。」

    新地さん
    「女性の上司も多く、身近にロールモデルがいるところですね。」

    帰山さん
    「“女の子だから”っていう扱いをされないところです。体力的に無理っていう時はもちろんサポートしてくれるけど、その他のところは男女で区別されるようなことはとくにないので。」



    ●ニコンを選んだ理由
    鈴木さん
    「“色々な分野が集まってものを作っているメーカー”という点に魅力を感じました。」

    新地さん
    「半導体露光装置など、カメラ以外の様々な分野でも活動していることを知り、衝撃と魅力を感じました。」

    帰山さん
    「私は化学系の専攻でしたが、化学メーカーよりも、化学分野がマイノリティとして存在している会社の中で化学のスペシャリストになりたいと思っていました。」

    ニコンといえばカメラの印象が強いですが、光学メーカーとして様々なことを行っているんですね。

    ●学生時代のこと
    鈴木さん
    「大学院を卒業しました。院のときは忙しくて、朝の9時から終電まで研究漬けでした。それと比べると社会人になってからの方が、時間がとれます。学生の頃から旅行が好きで、会社の長期休暇には海外旅行に行っています。また、学生の頃はダンスサークルに入っていました。忙しかった学生時代に、物事を先延ばしにしないでおくことの大切さを学んだことが、今でも活きています。」

    新地さん
    「高専専攻科に通っていました。今思うと、もっとできること・やっておくべきことがたくさんあったなと思います。」

    帰山さん
    「私も大学院を卒業しました。学部で卒業だと1年しか研究できないので、実験等で使える装置の幅が狭くなってしまいます。研究ペースのつくり方を院で学ぶことも出来たので、院まで行って良かったと思っています。」

    ●理系女子にアドバイス
    鈴木さん
    「就活については、自分が何を大切にしたいか考えてみてください。やりたい仕事、こういう生活をしたいという気持ちなど、何にこだわるかを決めて会社を選ぶことが大切だと思います。それから面接の際は、声は大きい方がいいです!最初に自分の名前を大きな声で言えると、その後の自信に繋がりますよ。」

    新地さん
    「自分のやりたいことを再確認すると良いと思います。時間があるときに好きなことを確認しておくと良いです!」

    帰山さん
    「就活についてだったら、長い人生の一部に会社があるっていう考え方で就活に取り組むのもいいのかなって思います。家庭を持ちたい、子どもを産みたいとかの人生も考えてみて!」

    ニコン②

    お忙しい中、取材に応じてくださり、誠にありがとうございました。
    取材の後は、工場も見学させていただき、とても貴重な体験をしました。
    企業取材で学んだことを大学生活にも活かしていきたいです!!

    スポンサーサイト

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。