• Twitter
  • FB
  • mail
  • みえない。がみえる。【ダイアログ・インザダーク】

    みえない。が、みえる。
    目以外のなにかで、ものを見たことがありますか?

    ―新しい形のエンターテイメント― Dialog in the Dark

    daiarogu.jpg





    本当の真っ暗闇の中で始まったトークセッション。

    暗闇に体が反応して、眠くもないのにまぶたが重くなる。

    自分と他人、夢と現実、すべての境界線が曖昧と化す。

    そんな世界に耐えられなくなる人が何人もいた。

    ここに突然貶められた人はどんな思いをするのだろう。

    “完全に個性として捉えています、そうでないと壊れてしまいますから。”

    そこには、どんな壮絶な葛藤があったのだろう。





    10月に「茂木健一郎氏と志村季世恵による暗闇トークセッション」を聞きに行ったのですが、

    上記はそのイベントでの個人的な感想です

    人は、五感のなかでも視覚情報の占める割合がもっとも多く、
    脳はその1/3を視覚情報を処理することに使われているそうです。

    では、盲目の人たちはその1/3という大きな部分を一体何に使っているのでしょう。

    セッション中に茂木さんが投げかけた疑問です。

    とても興味深い話だと思いました。





    そのダイアログがクリスマスイベントを開催するそうです!

    前回のトークセッションも満員御礼、
    会場の館長さんは“ここにこんなに人がいるのは初めて”とおっしゃっていたほどでした。

    みなさんぜひ、この新しいエンターテイメント
    “目”ではなく“音”で見る世界を体験してみてください^^♪

    以下、ご案内になります


    ■ダイアログクリスマスコンサート
    ~誰かの幸せを願う気持ち~■

    日時:2009年12月22日(火) 
    昼の部 14:00開場 14:30開演  ~16:00
    夜の部 19:00開場 19:30開演  ~21:00


    開催場所:
    ダイアログTOKYO会場 
    渋谷区神宮前2-8-2 レーサムビルB1

    参加費
    大人5,000円・小学生2,500円(当日清算)

    お申し込み方法
    参加をご希望の方は、12月19日(金)までに
    以下の必要事項をご記入の上、
    「ダイアログクリスマスコンサート」運営事務局
    sec@dialoginthedark.com までメールをお送りください。

    参加票を後日こちらからメールでお送りいたします。

    また、複数での参加ご希望の場合は、それぞれの
    お申し込み内容をお送り頂きますようよろしくお願いいたします。
    ※参加希望者多数の場合には失礼ながら抽選とさせていただきます。
    申し込みをされた方には12月21日(月)AM中にはメールにて
    ご連絡を差し上げますので、ご連絡のない場合、お電話にて
    お問い合わせください(03-3479-9683)

    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

    【 メールに記載いただく事項 】
    □お名前         □性別         □年代        □所属・ご職業
    □e-mailアドレス                  □携帯電話番号
    □ご希望ユニット (1)お昼の部 14:30  (2)夜の部 19:30
    □これまでにダイアログ・イン・ザ・ダークを体験されましたか?
    体験場所      体験された年     体験回数
    □どこでこのコンサートをお知りになりましたか?

    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

    また、
    ダイアログの会場では12月25日まで
    ~クリスマス特別バージョン~を開催中です。

    詳細はダイアログホームページをご参照ください。

    http://www.dialoginthedark.com

    ■当日券がある日もございます。詳しくは
    http://www.dialoginthedark.com/ticket/dayt.html




    こちらも応援お願いします



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。