• Twitter
  • FB
  • mail
  • 株式会社Speee*笹木葉子さんインタビュー

    こんにちは!
    関東も梅雨入りが発表され、春も終わり暑い季節へと向かっていますね。
    今年の春は短くて寒かったなぁと思うところです


    先日、Speee会社様へ企業取材させていただきました!

    株式会社SpeeeはモバイルSEO の専業企業としてトップを登りつめたベンチャー企業であり、
    SEOのみならず、メディア運営やアプリ開発などを行っています。

    今回は現在勤めていらっしゃる笹木葉子さんのお話をうかがいました。

    DSCF0112.jpg

    プロフィール
    笹木葉子さん
    慶應義塾大学理工学部管理工学経営システム学科卒業。
    Webマーケティングソリューション事業にて、既存のお客様を担当するアカウント部署に所属。
    弊団体1期のOGであり、立ち上げに大きく関与。


    早速、笹木さんにインタビューでお聞きした内容を紹介します!

    *大学院ではなく就職を選択した理由と就活について教えてください
    所属していた学科の大学院進学率はそこまで高くはなかったこと、早く社会に出て働きたい、3年はバリバリ仕事をこなしたいがその後の人生を考えると大学院の2年間は大きいと思ったことをきっかけに就職を選択しました。
    大学在学中に参加した夏のインターンシップがきっかけで、自分が進みたい方向が見えてきましたね。
    大学在学時に行っていた学祭運営と理系女子大生コミュニティ凛の活動から
    「決まった仕事をこなすことより、自分で考えて企画したり作り上げたりする方が向いている」
    と感じ、ベンチャー企業への就職を決めました。

    *Speeeを選んだ理由を教えてください。
    就活軸は諸々ありましたが、最終的には“フィーリング”です。
    面接がほかの企業に比べると多いうえ様々な方法で自分にアプローチをしてくれたことで、学生をよく見た上で採用するSpeeeという会社に信頼感安心感を持ちました。

    *理系出身で文系就職。大学で学んだ専門知識等を使わないことが多いと思うがもったいないとおもったり、後悔したりすることありませんか?
    就職先が決まった直後はありました。しかし大学時の学習内容が何らかの分野に特化した研究というより文系・理系双方の内容を幅広く学んできたので強くは思わなかったです。
    どうしても進みたい分野があると思えるなら大学院進学をするといいと思います。

    *タイムスケジュールを教えてください。
    基本9時半頃に出社し、全社朝会から始まり、お客様先に訪問しています。会社上、土日は趣味や休養にあてたり、また様々な業界とかかわるので本を読んで勉強したりして過ごしています。

    *会社を選ぶとき福利厚生をみていましたか。
     見ていなかったです。3年は仕事と決めていたので。
    ベンチャー企業は大企業に比べると福利厚生の制度が確立されていないところが多いですが、その代わり実際に働く女性社員の要望を取り入れつつ制度の確立ができるというのが大企業にはない利点だと思います。
    社員同士の距離が近いので現場の意見を取り入れながら決められます。

    *理系として学んできた経験が役立つ場面はありますか。
     あります!思考が理系特有で論理的に物事を考えるのはやはり得意ですね。
    数字に強く、筋道を立て矛盾なく考える力は大学時代に培われ、現在も役に立っています。


    笹木さんは現在の会社Speeeに就職を決めて一度も後悔をしたことがない!とおっしゃっていました(^^)
    やはり自分の適性やフィーリングを大切にすることは重要ですね!
    理系からベンチャー企業への就職は少ないといいます。
    今回理系女子の先輩である笹木さんにお話を伺い漠然としたイメージだった“ベンチャー企業”に対して
    多くの利点や制度についてうかがえ参加したスタッフ一同新しいことを学んだとても充実した企業取材でした。

    また、理系女子大関コミュニティ凛としては初のOGの企業への取材です(^^)
    現在5期目に突入した理系女子大生コミュニティ凛ですが、
    今後さらに理系女子のための架け橋としての役目を果たすべく活動してまいりますので
    ご声援よろしくお願いいたします。

    笹木さん、お忙しい中ご協力ありがとうございました。
    DSCF0113.jpg

    スポンサーサイト

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。