• Twitter
  • FB
  • mail
  • 量子物理学って…??

    こんにちは!

    最近だんだんと秋らしくなってきましたね^^
    この位の夕方の秋空が大好きなゆずです*

    さてさて、
    先週からの一週間は理系にとってわくわくする一週間でしたね!
    そう!
    今年度のノーベル賞発表期間でした(*^^*)

    ノーベル医学生理学賞受賞者京都大学の山中伸弥教授が選ばれたりと、日本全体で盛り上がりましたね♪

    でも今日、物理女子の私がご紹介したいのは、

    山中教授の研究…

    ではなく!

    その陰で日本ではあまり盛り上がらなかった、
    ノーベル物理学賞です!☆笑


    2012年のノーベル物理学賞は、
    高等教育機関コレージュ・ド・フランスのセルジュ・アロシュ教授(68)と、
    米国立標準技術研究所のデビッド・ワインランド博士(68)に授与されました(^ω^)
    その受賞理由は…
    「量子物理学に基づく超高速コンピューターの構築に道を開いた」

    !!!

    イッタイナンノコト??(@ω@`)))


    「光は粒子であり、波である。」
    このような言葉を聞いたことがあるでしょうか?
    実は微小な世界では、粒子性(物質の性質)波動性(状態の性質)を併せ持つ不思議な存在があります。
    この物質のことを「量子」と呼び、量子物理学(量子力学)ではそのような量子の研究を行っています。
    光はその量子の代表例ですが、
    光は粒子であるから、金属に光を当てると電子が飛び出す。(光電効果)
    光はであるから、反射・屈折・回折する。
    光の本質を理解するのには量子力学が欠かせません。

    013_1.gif
    (リコー・サイエンスキャラバン http://www.ricoh.co.jp/kouken/science_caravan/  より)

    そして、「量子物理学に基づく超高速コンピューター」とはいわゆる量子コンピューターと呼ばれるもので、
    上記の量子力学を利用した計算機です。
    これを使用すれば、スーパーコンピューターでも計算が困難なものも、
    なんと数秒で計算が可能になるそうです…!


    この量子コンピューターを作るには原子や光子を1つずつ制御することが必要なのですが、
    不可能と言われ続けてきたこの制御を、2人の研究者が考案・成功し、今回のノーベル物理学賞受賞となりました!

    量子力学、奥が深い………
    (そのため私も大学で大変苦労しています。)
    興味のある方は是非勉強してみてくださいね!♪




    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    また、ノーベル賞発表でもわくわくしたけど、この秋はもっとわくわくしたい…!という方!!
    11/3開催の凛のイベントに是非お越し下さい(*^^*)
    詳しくはこちら♡







    スポンサーサイト

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。