• Twitter
  • FB
  • mail
  • 「宙」とかいて「ソラ」と読む

    『宙博』

    -なんとなく、宇宙と博覧会をかけあわせたイメージ?
    それとも。博覧会が宙を漂っているんだろうか?まさか。

    読み方はなんだろう。
    ちゅうはく?
    声を大にして言うには抵抗がある。
    とりあえず、誰かが読み上げるのを待ってみよう。

    そんな雰囲気を漂わせる「宙博」-「ソラハク

    こんばんは、瑞恵です
    ご想像通りのコンセプトのもと行われた「宙博」に
    有楽町の夜景を横目に参戦してきました♪

    会場全体の雰囲気は、白いパネルと黒い覆い、銀の細長い風船をブースの看板とした
    宇宙のイメージぴったりのコントラスト。

    かわいらしい広告のイメージ通り、家族連れも多く、
    子どもでも楽しめるスペースも設けられていました。

    やはり、“モノ”として目に見える技術は面白いです!

    東大を中心に、京大や東北大学、明治大学など宇宙工学や機械の研究に励む
    多くの研究室が集まっていて、日々取り組んでいる研究の成果を発表していました。

    もちろん大学のみならず、JAXA-独立行政法人宇宙航空研究開発機構、
    SJAC-社団法人日本航空宇宙工業会、JST-独立行政法人科学技術振興機構なども、
    後援でブースが設けられていました。

    なかでも注目を浴びていたのが、宇宙服の体験コーナー
    宇宙服2
    私?
    もちろん、試着しましたよ♪

    ・・・というのは嘘で、気恥ずかしさからチャレンジしませんでした。笑
    お子さん優先で楽しんでいただいたということで、許してください><。

    この展覧会のパンフレットを見ていて目に付いたのが、
    “世界天文年2009”というキャッチ。
    ん?今年はそういう年なのか?
    と思い調べてみると、こちらのページにたどり着きました。


    今年は、イタリアの科学者ガリレオ・ガリレイが望遠鏡を初めて空に向け、
    宇宙への謎明かしが始まった1609年から400年(!)という節目の年ということで、
    世界天文年-International Year of Astronomyとして、
    国連・ユネスコ・国際天文学連合が定めていたんですね

    なるほど、最近宇宙科学系のイベントがよく行われていたのは
    そういうわけだったのか!

    2009年が終わる年に初めてその事実を知りました
    なんとも、いち理系人間としては少し寂しく情けないです

    冬は一番夜空が綺麗に見える季節なので、みなさんも「宙」に目を向けてみてください
    今日も月が綺麗!

    さて、今日は何位になっているでしょう?




    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。