• Twitter
  • FB
  • mail
  • はばたけ理系女子!@サイエンスアゴラ

    こんにちは( *^^* )!

    木津玲美です*

    一週間以上前になってしまうのですが、
    11月19日、凛のみんなで、お台場にて開催された、
    サイエンスアゴラに行ってきました(^○^)!

    まずは、みんなで、
    はばたけ理系女子! 
    ~未来の科学技術の世界で活躍しよう~

    というワークショップへ!

    このワークショップは、
    東北大学のサイエンスエンジェルさま、
    日本ロレアルさまが主催、
    講談社Rikejoさまが共催されたものです*

    日本初の理系女子の入学を認めた東北大学。

    そんな東北大学の理系女子大学院生で構成される
    サイエンスエンジェルさまは、
    オープンキャンパスなどのイベントを通して、
    「女性研究者ってかっこいい!」
    「理系進学楽しそう!」
    と思ってもらえるように日々活動されています。

    女の子だったら誰もが知っている、
    日本ロレアルさま。

    そんなロレアルさまは、
    「ロレアル‐ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」
    というプロジェクトをされていて、
    凛のフリーペーパーでも取材をさせていただきました。

    リケジョ(理系女子)を増やし、
    ブランド化するべく活動している、
    講談社のRikejoさま。

    先日発売されたシャペロンのクッキーは、
    話題になりましたね。

    ……と、前置きが長くなってしまいましたが、
    何が言いたいかというと、
    とにかく理系女子にとっては、
    胸アツなワークショップだったのです!笑


    3人の先輩理系女子によるトークセッション!

    大学で研究をされている学生理系女子、大場歩さん。
    (東北大学大学院農学研究科博士課程後期2年)

    大学で研究をされている社会人理系女子、神谷真子さん。
    (東京大学大学院医学系研究科)

    企業で研究開発をされている社会人理系女子、橋本睦恵さん。
    (日本ロレアルリサーチ&イノベーションセンター スキンケア開発研究所)

    ―――そもそも、なぜ理系進学されたのですか?

    >大場さん
    医学部に行きたかったので、理系に行くしかなかったです!

    >橋本さん
    数学は苦手でしたが、化学が好きだったので^^

    「好き」という気持ちを貫いた進学、素敵ですね!

    大場さんは、のちに、
    難易度の高さから医学部をあきらめてしまったそうですが、
    生物が好きで応用につながる、という理由から、
    農学部を選んだそうです。

    大学院についてはどうでしょうか(^ω^)?

    わたくし木津も絶賛迷い中なう!です(´・ω・`)

    ―――大学院進学について、迷いはありませんでしたか?

    >神谷さん
    そのときの研究が面白かったので、迷いはありませんでしたね。

    >大場さん
    修士課程は神谷さんと同様に、迷いはありませんでしたね。
    でも、博士課程への進学は迷いました。
    周りは就活していましたし。
    でも、ここで研究をやめたらもったいない、と思って。

    そんな素直に追及する気持ちがサイエンスの大きな発見を生むのでしょうね♪

    ―――研究生活について教えてください。

    >大場さん
    1日の半分は研究室にいます。
    研究相手が微生物なので、
    振り回されたり、拘束されたりすることは多いですね。

    >神谷さん
    ケミカルバイオロジーや生物有機化学といった、
    化学と生物のふたつの融合領域を研究しているので、
    その点での難しさを感じることは多いです。
    具体的には、酸性条件になると光る分子の開発をしています。
    微小がんの発見は難しく、
    今はまだ、広範囲の切除が必要ですが、
    わたしの研究する光る分子で発見が容易になれば、
    切除範囲は小さく済みます。
    この技術を広く利用してほしいという思いがあるので、
    企業ではなく大学で研究をしています。
    特に東大だと、共同研究も進めやすいですし。
    9時出勤、23時帰宅、という毎日ですが、
    土日は旅行やスポーツを楽しんでいますよ♪

    >橋本さん
    ロレアルで働く研究者のうち6割は女性ですし、
    わたしの直属の上司やスキンケア開発研究所の所長も女性なので、
    女性にとって働きやすい環境ですね。
    今は、どのような成分を入れれば、どのような効果があり、
    どの程度の安全性を保つことができて、心地よく使えるか、
    というようなことを、
    マーケティングの観点で考えたり、
    デザイナーさんと連携したりしながら、研究しています。
    いいものをつくりたい、というのはもちろんですが、
    発売日という時間的制約や、
    値段というコストの制約がある中での、
    ベストを見極める、というのが、
    難しくもあり、やりがいを感じる瞬間でもあります。
    製品が店頭に並ぶまでは少なくとも1年はかかるので、
    店頭で自分の製品が並んでいるのを見ると、
    ほんとうに感慨深いです。

    このトークセッションのあとには、
    同じテーブルでお三方や先輩理系女子と
    お話しすることができました~!

    そのあとは、未来館に移動して、
    各ブースの展示や体験を楽しみました:)

    年に1回の科学の祭典、サイエンスアゴラ。

    今年行けなかった方は、
    ぜひ来年行ってみてください*

    帰りは、女子7人でイルミネーションを見ました!w

    AemTv6tCAAAbWA9.jpg

    寂しくなんてn(ry ←

    凛メンバーでのディナー女子会、
    楽しかったです(^○^)!



    女子会……と言えば、
    今度の日曜日はランチグータンですね♥


    まだまだ参加申し込みお待ちしております♪

    スポンサーサイト

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。