• Twitter
  • FB
  • mail
  • 自己紹介*木津


    はじめまして(*^_^*)

    立教大学理学部化学科2年の木津です*

    凛の3期メンバーとして加わりました^^

    よろしくお願いします◎



    まず、わたしの通う立教大学理学部について*

    立教大学には池袋・新座の2つのキャンパスがありますが、理学部は、メインの池袋キャンパスにあります!

    これって実は珍しいことで、多くの大学では、理系学部はメインのキャンパスにはなく、隔離されています……(´・ω・`)

    (学生が研究に集中するためって聞いたことありますが嘘か本当か……www)

    早慶・MARCHの中では、立教だけです!



    「文系と一緒のキャンパスでいいね!」とよく言われますし、もちろんよい面もたくさんあります。

    しかし、それゆえに、文系学生の多いキャンパスで、男子学生の多い教室で、理系女子という二重のマイノリティであることを強く感じました……(;_;)

    まさに凛のコンセプト通り、同じ理系女子大生と繋がりたい!というのが、わたしの入団の理由です◎



    2001年にノーベル化学賞を受賞した野依良治氏は、著書『人生は意図を超えて―ノーベル化学賞への道』(朝日選書)の中で、こう述べています。



    女性の発想や感性は、男性と違うでしょう。だから、女性の科学者が先頭に立って、物理でも化学でも生物でもない、新しい分野を開いてもらいたい。もし、二十一世紀を平和な世紀にしたいと願うなら、なおさらです。男性は、戦うのは得意です。本質的に戦争が好きなのです。でも、女性はそうではないでしょう。だから、余計に。



    そう、平和な次世代を担うのは、わたしたち理系女子なのです(*^-^*)

    そんな理系女子になれるよう、そんな理系女子を繋げられるよう、精一杯頑張ります(`・ω・´)



    ランキングクリックよろしくお願いします!



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。