• Twitter
  • FB
  • mail
  • 理系女子の本紹介「新しい理系キャリアの教科書」

    みなさんこんにちは♪

    しおりです(^ω^)

    今日は、本の紹介をしようとおもいます**


    新しい理系キャリアの教科書―30代・理系人間は知財を武器に勝ち残れ新しい理系キャリアの教科書―30代・理系人間は知財を武器に勝ち残れ
    (2010/06)
    廣田 浩一

    商品詳細を見る



    スタディーツアーの際に、課題図書として指定されたことがきっかけで読みました。




    好きな研究をして、一生理系として働きたい。

    でも、自分には研究者としての才能があるのか

    会社のM&Aでこの先どうなるかわからない…


    …本の最初には、そう書かれています。




    日本はものづくり大国といわれていました。

    他国が発明したものを、どこよりも高品質でつくる、

    高度経済成長を支えたその技術からです。

    しかし…今、日本はものづくり大国の終焉をむかえています。

    中国や韓国など、安価でものをつくれる国に、負けてきているのです!





    じゃあ、日本が生き残るためにはどうすればいいのか…?




    筆者は、知財が日本を救うと述べています。

    つまり、あたらしく開発したものの占有権を取得し、それを他の人が使う際に自分にお金が入るようにする。
    これで儲けるのです。





    そのためにはどうすればいいのか?

    知財についてもっとkwsk(くわしく)!








    という方は是非本を手に取ってみてくださいね**




    ぽちっとどうぞ♪



    人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。