• Twitter
  • FB
  • mail
  • アベコベガエル

    こんばんは、ちづるです。

    今日は友達から聞いて耳を疑った話を…。

    アベコベガエルって知ってますか?
    その名前の通り、あべこべしているんですが、
    何があべこべしてるかというと…

    成長前後の大きさです!!

    おたまじゃくしのときの大きさは20cm程度。
    成長し、かえるになるとなんと6cm程度まで小さくなってしまうんです!!

    成長するしたがって小さくなることにも驚きですが、
    おたまじゃくしの大きさが20cmという大きさに驚きです!!
    でかっ!!!

    そんなアベコベガエルの生息地は南米。
    南米で他に珍しい生物と言えば、
    ブラインドケーブカラシンという
    目が見えない魚がいるのをご存知ですか?

    目が見えないのであって目がないわけではないですが、
    洞窟などの暗い河川で生活していくうちに
    目が退化して鱗におおわれてしまったんです。

    視覚の代わりに嗅覚などが発達してるので岩にぶつかったり、
    餌を見つけられないという心配はないようなので一安心。
    もし、そうだったら目は退化してないですね…(笑)

    みなさんも驚くようなおもしろい生物をご存知でしたらぜひ教えてください


    ↓ブログランキング応援お願いします♪



    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    ミミズもでっかいのありますよー
    http://www.geocities.jp/at_mocha/mimizu/big-01.htm

    オーストラリアのジャイアント・ギプスランド・アースワーム (Megascolides australis, メガスコリデス・オーストラリス)は体長2メートル以上、直径が3センチメートルにもなります。

    未確認情報としては、3.6メートル、直径15センチのものも発見されたとか。うーん巨大。

    No:120 2010/10/10 00:01 | kentosho #mQop/nM. URL編集 ]

    さっそく貴重な情報ありがとうございます!!
    そこまで大きいとミミズというより大蛇みたいですね。
    虫が苦手な私には恐怖です(笑)

    No:123 2010/10/25 04:45 | ちづる #- URL [ 編集 ]



    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。