• Twitter
  • FB
  • mail
  • カレーで脳を活発化!

    こんにちは!あがたです


    みなさんはカレーが好きですか?

    そんな何気なく食べているカレーには脳の働きを活発にし、集中力を高める働きがあるそうです

    カレーを食べた時と、おかゆを食べた時の、脳に流れる血液の量を比べると、
    カレーを食べた時の方が2~4%血液量が増えていたそうです!


    その秘密はカレーに入っているスパイスなのです
    そのスパイスは、酢酸テネピネルやネオールが種成分のカルダモンというスパイスです。

    カルダモンは香りを出す役割があり、脳の血液量を増やす効果をもっているんです。
    他にもストレスの緩和、口臭予防、消化不良にもいいそうです☆
    ちなみにカルダモンは甘口カレーにも入っているので辛いのが苦手な方もご安心を^^

    その効果は約3時間続くので、夜に食べると脳が活発になりすぎて眠れなくなることもあるのでご注意

    なので夜より朝に食べた方が効果的なんです!
    だからちょっと前に「朝カレー」が話題になったんですね!

    みなさん朝にカレーを食べて体をしっかり目覚めさせて良い1日のスタートを切りましょう



    クリックお願いします☆

    スポンサーサイト

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。