• Twitter
  • FB
  • mail
  • 理研☆荻原郁夫さんにインタビュー♪

    こんにちは♪磨理です。

    まだまだ新米スタッフの私ですが,
    先輩スタッフの皆さんと一緒に取材に行って参りました!!!

    私たちが向かった先は埼玉県和光市にある理化学研究所
    キャンパスに入った瞬間驚きました…
    広いッΣ(・ω・ノ)ノ!
    東京ドーム約6個分の広さなんだそうです。

    そんな広大な研究所で,
    今回私たちは荻原郁夫さんにお話を伺って来ました!
    荻原さんは理研脳科学総合研究センター 神経遺伝研究チームで
    “乳児重症ミオクロニーてんかん”の研究をなさっている方です。

    DSCF0956.jpg←笑顔が素敵な荻原さん


    理化学研究所についてのお話や,研究内容についてのお話,
    現在に至る経緯
    など興味深いお話をたくさん伺うことができました!

    また,荻原さんはアメリカの大学でも研究員をなさっていたので,
    日本とアメリカの研究環境や研究者の意識の違いなどについても
    伺うことができました♪

    詳しい内容は来たる10月に発行予定のフリーペーパー‘Girls Lab’
    に掲載予定なので,是非ご覧下さい☆

    ここでは私が特に印象深く感じたお話をご紹介します!

    研究所に勤めていらっしゃる研究者の方々の1日って
    理系学生にとって結構気になりますよね??

    荻原さんは
    「朝来る前に,まず何をするか決めて,あとはひたすら研究していく。」
    とおっしゃっていました。

    みなさんは朝起きて,その日にすることをきちんと決めていますか?
    1日のテーマみたいなものをいつも頭に置いていますか?

    私は学校の授業や課題など与えられたものをこなすだけで,
    ただなんとなく過ごしてしまう日が多々あります(>_<;)恥

    「研究は与えられたことをするわけではなく,Trial and Errorの繰り返し」
    (Trial and Error = 試行錯誤)

    私も将来何かを研究したいと思っている身として,
    与えられたことをこなす毎日から卒業しようと思います!!!

    みなさんも明日から,朝起きてすぐに1日のテーマを決めてみてはいかがでしょうか?

    荻原さん,お忙しい中ありがとうございました!

    107_convert_20100924010252.jpg





    ↓ブログランキング応援お願いします♪



    人気ブログランキングへ



    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    いつもblogを楽しく読ませていただいてます。
    九州内の大学に通っており大学院も九州内に決まっているものです。
    フリーペーパーとやらは、九州内ではどのように入手できるのでしょうか?ただでさえ九州というのは関東などから発信の情報は入りづらい環境にあり、理系女子の情報はここやSNSなど限られたものです。詳細を教えていただけたら幸いです。

    No:110 2010/09/26 05:35 | nom #- URL [ 編集 ]

    >nomさん

    blogのご愛読ありがとうございます。

    フリーペーパーについてですが、
    もうすぐ第2号ができあがるのでご希望の方には無料でお送りしています。
    但し希望者はコミュニティメンバーの方に限定しているので
    こちらのURLからご登録ください。http://rikeigirlsrin.blog103.fc2.com/blog-entry-208.html

    完成後にコミュニティーメンバーに希望を募るので、
    お手数ですがその際改めてご連絡していただく形になります。
    よろしくお願いいたします!

    No:111 2010/09/28 22:55 | 瑠奈 #- URL [ 編集 ]



    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。