• Twitter
  • FB
  • mail
  • 身近なところに自然治癒能力を見た

    みなさまこんばんは、
    ゆきです。


    やりましたよ!!



    包丁で指先をスパっと。。
    それは野菜を切っているとき、気を抜いた一瞬に起きた出来事でした。
    やはり、手を丸くして切ることは大切なのですねー。
    これで何度目でしょう、指を犠牲にしたのは。


    「基本をおろそかにするな」
    本日、野菜から得た教訓です。


    さて、
    切り口がよかった(笑)のかわかりませんが、
    それほど痛くなかったので、
    切った指をちょこっと観察してました。

    だらだらと流れ出ていた血も、次第に落ち着きました。
    数日後には傷口も閉じ、また元通りになる…
    体に備わった自然治癒能力に、
    ただただ感動です。

    そう、
    先々週に親知らずを抜歯したのですが、
    その傷跡はもう元通りです。
    医療のサポートもさることながら、
    自然治癒力すごいおもしろい


    余談ですが、
    この抜歯について。
    これほどまでに医療が進歩した時代とはいえ、
    結局は物理的な方法に頼っていました。

    歯科医の力技が繰り広げられている最中、
    私は、口の中で何が起こっているのか知るすべもなく、
    その不安と恐怖といったらもう!(笑)




    ではそろそろ、試験勉強に戻らなければ><。
    試験内容の一つに、
    細胞接着分子に着目した、創傷治癒機構があります。、
    上記のような、身近に起こっている反応にでも
    目を向けながら勉強すると、
    興味関心が一層増して、はかどりそうです♪


    ↓ブログランキングのクリックお願いします




    人気ブログランキングへ





    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    なるほど。刃物にも優る強さを手に入れたいということであろうか。それなら格闘技を始めるよりほかないだろう。
    でもやはり格闘技を本格的にやりたいとお考えならば、MMA(mixed marthal arts)をお勧めする。現行の法理論上では、選手の怪我に対する保険制度が、整っていないため、先進国では成立しえない。しかし、その、「何をやってもアリ」というスタイルから、打撃法、ブラジリアン柔術などまさにmixさえたファイティングスタイルによって、格闘技のバライエティにより、興振的な成功を収めているのだ。

    No:102 2010/07/16 15:21 | 世界格闘技シンポジウム #- URL [ 編集 ]



    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。