• Twitter
  • FB
  • mail
  • ハーゲンダッツ ジャパン株式会社

    こんばんは。ちづるです。

    今日はハーゲンダッツジャパンさんに取材に行ってきました。

    お話をうかがったのは、マーケティング本部カテゴリーマネジメント部の石鍋沙耶花様。

    HaagenDazs3

    理系出身で院も卒業されているということで

    研究室や就活など様々な情報教えて下さりました。

    中でも印象深かったのは、理系院卒は学部卒に比べて文系職の窓口は開かれていないということです。

    実際、理系院卒で文系職に就く人が少ないのも理由の一つだそうですが、

    院卒の方が給料が高い分、企業側もその分のメリット、

    たとえば専門性などの+αを求めているからだそうです。

    石鍋様は現在商品開発を行っていますが、

    「研究内容がそのまま仕事につながることはないけど

    学会や成果発表など研究を通して身についたものは社会人として活きている」とのこと。

    実は私も院に進みたいとも思っているんですが、文系職を希望しているのでとても参考になりました。




    突然ですが、ここでクイズです!!

    HaagenDazs2

    ↑の写真でわかるようにミニカップ(左)とドルチェ(右)の高さが違うのはなぜでしょう?



    正解は…

    「ドルチェ」シリーズはスイーツを表現しているので、

    中が層構造になっており、表面から底まで一気に味わうことができるため。


    みなさんは正解できましたか?

    私は高さがミニカップより低めだとは感じてはいましたが

    そこまで考えて食べたことはなかったのです(汗

    ハーゲンダッツのおいしさの秘密はカップという限られた空間にフレーバーやデザインなどアイデアがぎゅぎゅっと詰め込まれているからなのでしょうね。


    HaagenDazs1

    ハーゲンダッツジャパンでは日本市場向けの嗜好に合うように独自でフレーバーを開発されているそうです。

    ニーズによっては日本で開発されたフレーバーが海外で販売したり、逆に他国で開発されたものが日本で販売ということもあるので

    海外に行く機会には、日本では味わえないフレーバーに挑戦したり、

    その国ではどのようなフレーバーにニーズがあるのかなどチェックするのも楽しそうですね♪



    ハーゲンダッツジャパンの皆様、貴重な時間割いていただきありがとうございました。



    ↓応援よろしくお願いします!




    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

    No:792 2015/06/07 18:11 | # [ 編集 ]



    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。