• Twitter
  • FB
  • mail
  • 日焼け。

    こんにちは!ゆうゆです。
    みなさん、GWはいかが過ごされましたか?
    お天気もとっても良かったですね


    私は人生初!スノボに挑戦してきました@新潟
    雪あった!


    楽しかった!


    スノボハマった!




    筋肉痛もきた!!!!!




    ゴーグル焼けもした!!!!


    私はあまり焼きたくない派です。
    ということで、今日は

    「日焼けの仕組み」と「いかに日常生活で日焼けを防ぐか」

    についてお話したいと思います笑)


    日焼けには「サンバーン」「サンタン」という2つの段階があります。

    サンバーンは、紫外線が表皮を透過し、炎症反応を起こして皮膚が赤くなることです。
    この結果、水ぶくれや発熱が引き起こされます。

    一方、サンタンはサンバーンの結果おこるメラニン色素の増加です。
    肌の色が黒くなるのは、炎症反応によってメラニン色素を作る色素細胞である
    「メラノサイト」が刺激され,メラニンを大量に作った結果です。
    メラニン色素は紫外線を吸収する役割を担っているので、
    また紫外線を浴びても大丈夫なように、体の防御機構が働いているわけです。

    紫外線が真皮の深いところまで到達すると、
    シミ・ソバカスはもちろんのこと、シワタルミの原因にもなってしまうそうです!!
    自然に出来るシワは素敵ですが、いつの間にか紫外線にシワの原因つくられたくない!


    紫外線は、冬でも春でも降り注いでいます!
    夏だけじゃありません!


    「ちょっとそこまで」という気持ちで出かけることや、
    「そんなに日が照ってないからいいや~」と思うこと、ありますよね。


    若いときは良くかもしれませんが、そういう日頃の積み重ねが、
    今後のお肌に影響してきます(リアルw)。


    日常生活でいかに日焼けを防ぐか、ですが
    出かける前、SPFが低めのもの(25とか)で構わないので、
    日焼け止めを塗るように心がけるだけで大分変わってきます
    肌の保湿をするもの(乳液など)を日焼け止めに少し混ぜて使うと、
    のびも良いし、水分が肌にキープされるので、より日に焼けにくくなります。


    去年の夏が去ってからも、私はそうしてきました。



    でも!
    SPF50の日焼け止めを塗っていたにも関わらず、
    たった数時間のスキー場の照り返しに勝てませんでした
    つめが甘かった・・・ドンマイ。
    真夏になったら、もっと手の混んだ日焼け防御策をアップします(笑)


    焼きたい人は、無理して焼かずに健康的に焼きましょう!







    人気ブログランキングへ

    Topへ戻る

    スポンサーサイト

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。