• Twitter
  • FB
  • mail
  • 涙の成分

    こんにちは、葉子です。


    突然ですが、みなさんはどういうときに涙を流しますか?
    辛い出来事があって悲しい時や、嬉しいときにも涙を流しますよね。

    どういう状況においても、流す涙というのは同じものなのでしょうか


    これに対する答えは、「NO」なんです。


    最近読んだ本の中に、こんな文章が書いてありました。

      悲しみの涙を流すときの分子レベルでの化学的な状態は
      同じ涙であっても、うれし泣きのときとは著しく異なっている



    え~!
    まじですか!
    とてもびっくりしました。


    個人的に涙について調べてみたところ・・・

    まず、涙というのはあの真っ赤な血液からできています。
    じゃあなぜ無色透明なのかというと
    毛細血管から涙腺に取り込まれるときに、赤血球などの大きな成分が取り除かれるからなんです。


    そして感情によってどのように成分が違うのかというと、
    悲しいときや痛いときに出る涙にはACTHというストレス物質が含まれています。
    体内に生じたストレス物質を排出するために脳から命令されて
    涙を流しているわけです。
    確かに泣いたあとってすっきりしてますよね^^


    一方、笑いすぎて出てきた涙というのは
    ただ単に笑う時の表情が涙腺を圧迫するために、押されて出てきたものなんです。
    あくびも同じですね。



    気持ちや感情というのがこのように分子レベルにまで
    影響を及ぼしているんですね
    良いことや楽しいことを考えると
    体も分子レベルからキレイになりそうですね



    応援よろしくお願いします♪





    スポンサーサイト

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。