• Twitter
  • FB
  • mail
  • 医療と芸術展

    こんばんは、瑞恵です!

    今、六本木の森美術館で行われている「医学と芸術展」の
    チケットをいただき今日行ってきました♪

    20091128_1238230.jpg


    以前から、「科学と芸術には共通するところがある」と漠然と感じているところがありましたが
    それが今日、こちらの展覧会に行って確信に変わりました・・・><!

    会の構成は以下のようになっていました。
    第一部 身体の発見
    第二部 病と死との戦い
    第三部 永遠の生と愛に向かって

    みなさんご存知の通り、医学も理系から派生する学問の1つです。

    そこには製造機器、電気を用いた治療方法、薬などの理系要素、
    また人体のデッサン、模型、精神や哲学に問いかける芸術要素、
    これらが交わるところに医学は存在します。

    その最も代表的な人物が、レオナルドダヴィンチ
    人体を小宇宙と例え、その解明が大宇宙である世界の解明にもつながると唱えた人物。
    彼のウィトルウィウス的人体図は今でもとても有名ですよね。

    第一部は、主に彼の作品・思想についての展示がされていました。

    展示としては、歴史を追いながら、西洋と東洋の医学の違いを比較しながらも
    全体がストーリとなっている点に非常に企画者の腕を感じました。

    もう一度じっくり回れたら、また今度は違う発見がある、
    そんなとても奥が深く、考えさせられる展覧会でした。

    今月28日まで開催されているそうです。
    みなさんもお時間あればぜひ行って見てください♪








    スポンサーサイト

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。