• Twitter
  • FB
  • mail
  • 理系コミュニティ 理系+ 神子島朝希さん インタビュー

    こんにちは!7期のしおです。
    今回は、理系コミュニティ 理系+ 代表   神子島朝希さんにインタビューさせて頂きました!!

    あさきさん

    Profile
    神子島朝希さん
    理系コミュニティ 理系+代表
    横浜市立大学国際総合科学部理学系物質科学コース3年

    *現在、大学で学んでいることについて教えてください。
    物質科学コースでは、物質の構造や反応、性質について、電子、原子レベルで理解し最先端の科学技術に結びつけています。3年前期の講義は物理化学分野のものが多かったです。また、先端物性測定実習という実験の授業が週に1回あり、質量分析装置(MS)や赤外分光装置(IR)の原理や操作法、データの解析法について学びました。
    3年後期からは実験室に配属され、研究室での実習も行いつつ、必修の実験の講義も受けます。

    *理系を選んだ理由はなんでしょうか。
    小学生の頃、父の仕事の都合でイギリスのマンチェスターに住んでいたこともあり、もともとは英語が好きで理系に進むことは考えていませんでした。しかし、英語を学ぶことより、英語を使ってなにかを学ぶことに興味があり、また、化学が好きだったので理系に進むことに決めました。父が理系であったということにも大きな影響を受けました。

    *理系+に入ろうと思ったきっかけはなんですか。
    友達に説明会に誘われたのがきっかけです。私の大学は規模が小さくて、学内だけの活動では沢山自由な時間があるのにもったいないと思い、加入を決めました。

    *理系+の活動で大変なことはありますか。
    自分より年上の人に教えなければいけないこともあり、最初はそのことに抵抗もありました。理系+での様々な経験を通じて、たくましくなれたと思います。
    また、自分達の団体で様々な企画をし、実行していくのですがそれが計画通りにいかないとき大変だなと思います。でも計画通りにいかないからこそ面白いのかもしれないですが(笑)

    *最後に、理系女子へのメッセージをお願いします。
    実験を計画してそれを実行、結果を出して考察し、次に繋げるというようなプロセスの中で、論理的思考が身に付きやすいことが理系の特権だと思っています。これは、社会に出たときにきっと役に立つと思います。
    学生時代は、自由な時間が多いので、興味のあることに積極的に挑戦していくのが良いのではないかと思います!

    神子島さんとは、同じ大学、同じコースということもあり、参考になるお話もたくさん聞かせて頂きました。そして、自分自身の今後を見つめ直す良いきっかけになりました。
    神子島さん、本当にありがとうございました。

    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。