• Twitter
  • FB
  • mail
  • 理系女子大生の日常〜一番しんどくてやりがいのある授業〜

    こんにちは!
    6期のみきです。

    今回のこのお題、実は非常に困ったんです...
    何故かというと大学院生の私にとって
    授業なんてゼミしかない!

    院生の日常なんて実験しかないですからね。
    もうしょうがないので、実験についてつらつら書こうと思います。

    実験しかしていない毎日。
    それでも丸一日忙しいし、普通に疲れて帰宅しています。
    自分でも謎です。
    こんな生活を送れていることが。
    人間やればなんとかなるもんなんでしょうか。

    さて、文字だけ並べていてもつまらないので実験風景でも。
    とある日の写真

    IMG_0823.jpg

    じゃん。

    まさしく!
    という感じですね。

    これを凛のみんなに見せたところ、
    「サンプルの数多すぎじゃない!?」(青と黒のボードに刺さっている白いやつです)
    との声をいただきました。

    でもね、まだまだこんなもんじゃないんですよ。

    IMG_0964.jpg

    ででん。とある別の日。
    多分研究室のなかでも、一番サンプル数多いのではないかと思います。
    このサンプル一種類ずつ右側に重ねて置いてあるプレートの穴に蒔いていくんですね(遠い目)
    (ちなみに見えないけど、このプレートには96個の穴が空いています。)

    上の写真で80サンプル、下の写真で140サンプルくらいでしょうか。
    わりとこの数でスタンダードです(恐ろしや)

    この異常なサンプル数のせいで、この手の実験は以上に作業が早くなってしまい、
    いつも同期にビビられています。←


    最後にどどんぱ!

    10696265_370844283093459_5495409481903369765_n-2.jpg

    実験の終わったプレートたちです。
    データを取ればゴミなんですが、なんとなく捨てられないんです笑。
    最後は染色するので、紫だったり黄色になったりしてますね。

    この写真実はすごく気に入ってます。

    それは電球を発明したトーマス・エジソンが
    「発明するためには豊かな想像力とゴミの山が必要だ」
    という言葉を残しているんですね。
    そしてこの写真に映るプレートがまさにその”ゴミの山”だと思うんですよ。

    いや、この偉人さまは、一万通りもゴミの山を作っていますから
    私の100ちょっとのサンプルなんて屁のカッパだと思いますが。先は長いですね。

    (必ずしもそうではないのですが、生物分野は特に)
    研究というものはわりと不毛だと思っています笑。
    でもこの言葉があるから失敗しても、「またゴミの山作ったるで!」と思って頑張れてます。
    言葉というものは偉大ですね。

    いつか貯めてきた知識とゴミの山が
    発明に繋がることを祈って...明日からも実験じゃ!
    あと半年で卒業なので、半年以内に繋がってくれないとかなり辛いんですが


    よし、いい感じにまとまった。では。

    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。