• Twitter
  • FB
  • mail
  • 鈴木あいかさんインタビュー

    こんにちは!

    8期のおじょーです(*´`)
    今回は7期のももちゃんと8期のひろみと北里大学大学院薬学研究科鈴木あいかさんにインタビューさせていただきました!

    s_IMG_3243 (1)



    鈴木さんは大学で専攻した薬学系ではなくIT系での就職活動を行い、就職先ではIT系部署へ所属される予定です。
    大学で学んだ事と別の分野の企業で働く事を決めた鈴木さんならではのお話を聞く事ができました(*ˊᵕˋ*)੭ ੈ

    インタビューは初めてだったので緊張してしまいましたが、鈴木さんはとてもおもしろく、また分かりやすいお話をされる方で勉強になることがたくさんありました!
    それでは本題のインタビューにいきます!

    ◎現在の大学での専攻、研究内容は何ですか?

    私は幼い頃から薬剤師になりたかったので、薬学部に行きました。しかし薬剤師になるのではなく、薬を作りたいと思ったので薬学部生命創薬科学科に進学し、今は大学院の薬学研究科で研究をしています。研究は、土の中の微生物から生活習慣病の治療薬を見つけることを目標に行っています。


    ◎ITに興味を持ったきっかけは何ですか?

    自分がSNSで発信した時の反響でインターネットの力を身を持って実感した事と、IT系のベンチャー企業でアルバイトをした事がきっかけです。


    ◎内定先の会社の決め手は何ですか?

    新卒から色々な挑戦が出来る環境だった事に加えて、学部関係なしに採用をしていただけた事です。
    就職後も新しい分野の勉強を続け、今とは異なる様々な知識を吸収したいという気持ちもありました!


    ◎IT企業は学生に何を求めていると思いますか?

    情報系の知識がなくても勉強したいという意欲があれば企業に求めてもられると就活中に感じました!


    ◎鈴木さんのこれからの理想の生き方、働き方はどのようなものですか?

    自分がやりたいと思ったことをしっかり実現していくことが理想です。色々な分野の勉強を続け、それを仕事にも生かしていきたいです。


    ◎理系女子で良かったと思うことはありますか?

    分析をすることやデータを見ることに苦を感じず、むしろ楽しいと思える事です。やりたいことや目的を把握してゴールから逆算し、手段を考えたりすることも研究から学べたことかもしれません。


    ◎最後に理系女子大生へのメッセージをお願いします!

    理系は絶対に理系に進まなければいけない、ということはないと思っています。
    やりたいことにはとりあえずチャレンジをして、違うと感じたらやめればいいし、面白いと思ったら続ければいいと思います。
    理系だから、という固定概念に囚われないように!



    今回、鈴木さんのような向上心を持ち続ける素敵な方のお話が聞けて良かったです。
    鈴木さん、本当にありがとうございました!

    スポンサーサイト

    日本GE株式会社 Women at Work 参加報告

    こんにちは!
    凛の広報担当の黒澤です。

    11月27日に日本GEさんの会社内で行われたWomen at Workというイベントに参加してきました!
    今回はイベントの報告記事を書きたいと思います♪


    このイベントでは前半にGEで働かれている四人の方のスピーチ、後半にディスカッションを行いました。


    前半で主に、仕事のバックグラウンド、ワークライフバランス、仕事やプライベートを通して気付いたことや大切にしていることをお聞きました。


    まず皆さん共通しているのが、日々忙しいが仕事を誇りを持って楽しんでいるということ。中でも自分が思い描いていた理想と現実のギャップに悩んでいた方や、自分が専攻していた事と全く関連してない部署での仕事をするために、猛勉強したという方もいらっしゃいました。しかしそのような経験を通じて、学んだことが多かったそうです。
    そして、仕事は優先順位をつけて全て完璧にやろうとせず、効率的に行っていくという事、またプライベートとの区別はしっかりつけてなるべく仕事は持ち込まずにしっかり楽しむという意見も共通していました。


    また、ディスカッションでも仕事において大事なことや育児などについて、意見を出し合いました。心身の健康維持の大切さ、女性の仕事での立場やモチベーションのあり方の問題点や改善点、育児の際の問題点が主でした。


    ディベートの終盤で、ある方が理系で学んでいる専門的な知識はもちろん大切だが、それ以上に社会でやっていく中で、勉強するための基礎を今学んでいるから、そこまで専門分野にこだわらなくても良いとおっしゃっていました。


    理系の学生は多忙で、なんでこんなことやっているのだろうと思う人も多いと思います。しかし、様々な方のお話を聞くにあたって、今頑張ることで得られた何かしらのスキルが、将来充実した社会人生活をしていく中で生かされるのだと感じました。



    ですので皆さん、大げさかもしれませんが、もう一度自分の今の学生生活を見直して、将来を少し見据えて日々を大切に過ごしてみませんか?
    とても良い機会になると思います(^_^)

    最後に、お忙しい中セミナーに参加させてくださった日本GE株式会社の皆さまに厚くお礼申しあげます。ありがとうございました。

    ではでは次の更新をお楽しみに!

    理系コミュニティ 理系+ 神子島朝希さん インタビュー

    こんにちは!7期のしおです。
    今回は、理系コミュニティ 理系+ 代表   神子島朝希さんにインタビューさせて頂きました!!

    あさきさん

    Profile
    神子島朝希さん
    理系コミュニティ 理系+代表
    横浜市立大学国際総合科学部理学系物質科学コース3年

    *現在、大学で学んでいることについて教えてください。
    物質科学コースでは、物質の構造や反応、性質について、電子、原子レベルで理解し最先端の科学技術に結びつけています。3年前期の講義は物理化学分野のものが多かったです。また、先端物性測定実習という実験の授業が週に1回あり、質量分析装置(MS)や赤外分光装置(IR)の原理や操作法、データの解析法について学びました。
    3年後期からは実験室に配属され、研究室での実習も行いつつ、必修の実験の講義も受けます。

    *理系を選んだ理由はなんでしょうか。
    小学生の頃、父の仕事の都合でイギリスのマンチェスターに住んでいたこともあり、もともとは英語が好きで理系に進むことは考えていませんでした。しかし、英語を学ぶことより、英語を使ってなにかを学ぶことに興味があり、また、化学が好きだったので理系に進むことに決めました。父が理系であったということにも大きな影響を受けました。

    *理系+に入ろうと思ったきっかけはなんですか。
    友達に説明会に誘われたのがきっかけです。私の大学は規模が小さくて、学内だけの活動では沢山自由な時間があるのにもったいないと思い、加入を決めました。

    *理系+の活動で大変なことはありますか。
    自分より年上の人に教えなければいけないこともあり、最初はそのことに抵抗もありました。理系+での様々な経験を通じて、たくましくなれたと思います。
    また、自分達の団体で様々な企画をし、実行していくのですがそれが計画通りにいかないとき大変だなと思います。でも計画通りにいかないからこそ面白いのかもしれないですが(笑)

    *最後に、理系女子へのメッセージをお願いします。
    実験を計画してそれを実行、結果を出して考察し、次に繋げるというようなプロセスの中で、論理的思考が身に付きやすいことが理系の特権だと思っています。これは、社会に出たときにきっと役に立つと思います。
    学生時代は、自由な時間が多いので、興味のあることに積極的に挑戦していくのが良いのではないかと思います!

    神子島さんとは、同じ大学、同じコースということもあり、参考になるお話もたくさん聞かせて頂きました。そして、自分自身の今後を見つめ直す良いきっかけになりました。
    神子島さん、本当にありがとうございました。

    看護学生団体ION*上原寛子さん インタビュー

    こんにちは、7期のめぐみです!
    今回は6期のれいなさんと一緒に、

    看護学生団体IONhttp://since2011ion.wix.com/ion2015
    代表上原寛子さんにインタビューさせていただきました!


    ◎看護学生団体ION団体とはどんな団体?
    将来のビジョンを考える上で、看護師資格を持って看護師になるかそれとも別の職業につくのかという2つの柱があるのだそうで…
    看護師として活躍するにはどうしたらいいのか⇒10人に1人1年で辞めてしまうという現実がある中、臨床でやっていることを学んだりどういうお仕事をやっていてつらいかなどを聞いている。
    看護師以外の職業で活躍するには⇒看護師の資格を持ち違う仕事をしている方々はたくさんいて、その仕事の種類は200以上と言われている。どう看護師の資格がいかされているのかを様々な人に話を聞く。看護学部を卒業後に起業した方や議員秘書の方など、看護師資格を活かして多様なキャリアで活動している方をゲストに呼ぶイベントなども開催している。

    また、医療系のキャンパスは隔離されていることが多いため患者はいろんな人なのに医学系のキャンパスが閉鎖的な空間であるのはもったいないということで大学間の枠をこえたつながりを持ち、それぞれが価値観を広げるという目的もあるそうです!確かにいろんな人とのつながりって大事ですよね!
    現在は50人程のメンバーで学校の生活に支障のない範囲(大学での勉強優先に)で活動することを大切にしており、ミーティングは月に1回行うのだそうです。


    ◎看護学生団体IONに入ったきっかけは?
    入学前に上原さんと同じ大学の(今は看護師をしている)先輩をTwitterで見つけ、その方のツイートの内容が自分の意見を持っていてすごい人だと思ったそうです。そして、その方が看護学生団体IONに所属していて、私もその先輩のようになりたい!と憧れて入ることにしたそうなのだとか…!今は文武両道でしっかりした上原さんに憧れて加入する方もたくさんいるのではないでしょうか!


    ◎大学で学んでいることは?
    今は1年次に浅く広く学んでいたことを深く学んでいるのだそうです。
    実習は?
    最初のころは患者さんとのコミュニケーションを大事にして患者さんの状態をアセスメントして今どうしたらいいのか、これからどうしていったらいいのかを考えて病態関連図をかくのだそうです。(その上で過去から未来のことを分析する力が求められる)
    また、患者さんに合わせたプランを提案(あまり足を動かしてはいけない病気の人にはそういったプランを提案するなど)をしていくのだそうです!


    ◎とても多忙な上原さんですが、1日の過ごし方は?
    平日の場合⇒朝5:30起床の早起きで、朝の時間を有効活用(授業が始まる前に団体の仕事をしたり…)するのだそうです。忙しいからこそスキマ時間を活用しているのだとか。また、夜はしっかり6時間は寝るそうです!
    授業は9:00~18:00までみっちりあるそうですが、災害救護ボランティアサークルにも加入しているのだとか!
    災害救護ボランティアサークルって?
    災害のことについて学ぶサークルで、災害時の医療マニュアルを学んだり災害時に起こる病気を学んだりしているのだそうです。
    実際避難所に人がたくさん来た時に、怪我の度合いなどでどういう人をどこに誘導すればいいのかという実践的なことや、クロスロードと言って、自分が災害時のリーダーになったと仮定し、「津波があと10分でくる状況、しかし自分の家の隣のおばあちゃんがいない、あなたはどうする?」というような正解がない問題等について話し合いをしたりするのだそうです。
    休日の場合⇒多忙な中時間を縫ってバイトは週に2~3回カフェで働いているのだそうです!また、友達と会ってカフェでお話をしたり、団体のミーティングや勉強会を開催しているのだとか…私は休日昼前まで寝てしまうのでもっとアクティブになろうと思いました…(笑)


    ◎最後に今後の展望を…!
    個人として⇒医療者だからこそ言葉が重い(看護師に言われると安心できるなどと言われることがある)ので今後、自分自身の言葉が重く受け止められることになる。そのためどういう風な言葉を使えば安心できるかを考えていきたいそうです。
    団体として⇒団体の活動を全国的に広げることが目標なのだそうです、関東だと集まりやすいけど東北の方だと集まりにくい現状があるそうです。


    初めてのインタビューですごく緊張していたのですが、上原さんとても気さくな方で緊張もすぐに飛んでいくほどお話していてとても楽しかったです!
    またすごくしっかりした意志を持った方で、とてもキラキラしていてすごくパワーをいただきました…!私も分野は違いますが、もっと頑張ろうと思いました(時間の使い方など勉強になりました…)!
    上原さん、本当にありがとうございました!

    情報・システム研究機構 国立極地研究所 訪問

    こんにちは!7期のしおです(^▽^)
    今回は情報・システム研究機構 国立極地研究所についての取材記事をお届けしたいと思います!

    まずは南極・北極科学館についてのレポートです!
    南極・北極科学館では、南極や北極でどんな観測、研究が行われているか知ることができます。最近の研究成果や発見についてもポスター等で知ることができます。

    極地研
    この雪上車は実際に使用されていたもので、中に入ることもできます!
    この他にも、隕石や南極の氷に直接触れることができ、たくさんの標本が展示されています。
    また、オーロラシアターではふかふかの椅子に座りながら、全天に映し出される美しいオーロラ映像を眺めることができます。凛スタッフも美しいオーロラを堪能しました。

    この南極・北極科学館、入場無料で撮影自由です!!みなさんも是非行ってみてください♪


    続きまして、国立極地研究所宙空圏グループの女性研究員である江尻省さんにインタビューをさせていただきました。

    極地研

    *江尻省さんプロフィール*
    情報・システム研究機構 国立極地研究所 助教
    超高層大気科学を専門とし、地球と宇宙のエネルギーや物質の交換・輸送を研究している。
    2009~2010年に第51次日本南極地域観測隊(夏隊)に参加。



    ---現在の研究内容について教えて頂けますか。
    大気現象のメカニズムの解明の為に、主に超高層大気(上空100km以上)における風速、温度、大気微量成分の観測を行っています。
    遠隔操作でしか観測を行うことができないので、電波を使うレーダー(Rader)という装置で風速、光を使うライダー(Lider)という装置で温度の観測を行っています。ライダーはレーザーを空に打ち上げ、大気中の分子から跳ね返った散乱光を分析することで、大気の密度や温度の情報を得ることができる装置です。

    DSC_5777__.jpg
    江尻さんが実際に使われているライダー

    ---極地に興味をもったきっかけはなんですか。
    学部4年生の時に、越冬隊を経験したことのある先生の講義を受けました。そのとき講義の中で紹介された南極観測風景に衝撃を受けたことがきっかけです。

    ---学生時代のことについてお聞かせください。
    学部時代は静岡大学で物理を学んでいました。宇宙に興味がありプラズマの研究をしていましたが、もう少し体を張った何かをしたいと思い、修士課程に進学する際に名古屋大学の太陽地球環境研究所にうつりました。名古屋大学には南極観測隊経験者の方が多く、「博士課程まで進んだら、南極に行けるよ」と言われて、博士課程まで進みました。大学院では、大気光の中に見える波構造の研究を行っていました。

    ---南極地域観測隊での女性の割合はどのくらいですか。
    私が参加した第51次隊では隊員62人中5人、同行者23人中4人の女性がいました。女性隊員は増えてきています。
    女性が初めて南極に行ったのは1987年の第29次隊(夏隊)です。1997年には初の女性越冬隊員がでました。

    ---南極という過酷な環境に行くことに迷いはありませんでしたか。
    寒いのはとても嫌いですが、ただ行きたいという一心で、特に抵抗はありませんでした。いつか越冬隊にも参加したいと考えています。

    ---最後に理系女子大生へのメッセージお願いします。
    視野を広く持って、色々な方面にアンテナを広げてみるのが大事です。ちょっとずつでも良いので、様々なことにチャレンジしてみてください。また、自分の10年後を考えてみることも大事です。その10年後から逆算して、「何年後にはこれをして・・・」ということを考えることができます。もちろん、その時その時で軌道修正は必要になります。決めたとおりではなく、選択肢をどんどん増やしていくことが大事だと思います。


    インタビューは以上です!
    お忙しい中、取材に応じて下さり、誠にありがとうございました。
    小さい頃から大好きな極地についての話を聞くことができ、とても有意義な時間を過ごすことができました。
    また、自分自身の将来を考えていくにあたり、江尻さんの「10年後を考えてみる」という言葉はとても印象的でした。

    以上、7期のしおがお送りしました(^^)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。