• Twitter
  • FB
  • mail
  • 理系女子大生の日常~一番しんどくてやりがいのある授業~

    お久しぶりです。6期のれいなです(*'ω'*)

    夏休みが長めなので、あと一週間ちょっとはまだ夏休みですが、前期の授業から「一番しんどくてやりがいのある授業」を考えてみました。

    やはり有機実験ですかね。。

    私の学科では週に2回、3~5限に実験があり、しかも実験が終わらなかったら19:00近くまで長引くこともしばしば、、

    レポートもなかなかハードで、Fridel-Crafts反応のレポートは18700字もの大作になっていました。。。
    (まぁ長ければよいというものでもないんですが)

    予習からレポートを完成させるまで考えると、少なくとも前期の勉強時間の半分以上は実験が占めていたのでは思うぐらいなので、しんどいのに加えてもちろんやりがいもありました。

    例えば、有機化学の授業で眠気に必死に耐えながら習った反応機構が、実験を通じてAの試料とBの試料を混ぜることで途中でこんな反応を得て目的物を得る過程を実際に確認できたり、NMRなどの同定から目的の化合物を得られたという確認ができたりとなかなか達成感があります😊
    (私はかなりの不器用なので、実験ペアにはいつも迷惑をかけてしまいますが(´;ω;`))

    正確な同定ができたかは分かりませんが、何種類もの化合物が混ざっていた化合物のNMRの同定は今までで一番時間かかりましたがやり遂げた達成感は半端なかったです♡

    後期は夏休み明けから早速有機実験なので、気を引き締めて、夏休み一度も開いていないボ○ハ○トでも読んで復習します!

    れいな





    スポンサーサイト

    理系女子大生の日常〜一番しんどくてやりがいのある授業〜

    こんにちは!
    6期のみきです。

    今回のこのお題、実は非常に困ったんです...
    何故かというと大学院生の私にとって
    授業なんてゼミしかない!

    院生の日常なんて実験しかないですからね。
    もうしょうがないので、実験についてつらつら書こうと思います。

    実験しかしていない毎日。
    それでも丸一日忙しいし、普通に疲れて帰宅しています。
    自分でも謎です。
    こんな生活を送れていることが。
    人間やればなんとかなるもんなんでしょうか。

    さて、文字だけ並べていてもつまらないので実験風景でも。
    とある日の写真

    IMG_0823.jpg

    じゃん。

    まさしく!
    という感じですね。

    これを凛のみんなに見せたところ、
    「サンプルの数多すぎじゃない!?」(青と黒のボードに刺さっている白いやつです)
    との声をいただきました。

    でもね、まだまだこんなもんじゃないんですよ。

    IMG_0964.jpg

    ででん。とある別の日。
    多分研究室のなかでも、一番サンプル数多いのではないかと思います。
    このサンプル一種類ずつ右側に重ねて置いてあるプレートの穴に蒔いていくんですね(遠い目)
    (ちなみに見えないけど、このプレートには96個の穴が空いています。)

    上の写真で80サンプル、下の写真で140サンプルくらいでしょうか。
    わりとこの数でスタンダードです(恐ろしや)

    この異常なサンプル数のせいで、この手の実験は以上に作業が早くなってしまい、
    いつも同期にビビられています。←


    最後にどどんぱ!

    10696265_370844283093459_5495409481903369765_n-2.jpg

    実験の終わったプレートたちです。
    データを取ればゴミなんですが、なんとなく捨てられないんです笑。
    最後は染色するので、紫だったり黄色になったりしてますね。

    この写真実はすごく気に入ってます。

    それは電球を発明したトーマス・エジソンが
    「発明するためには豊かな想像力とゴミの山が必要だ」
    という言葉を残しているんですね。
    そしてこの写真に映るプレートがまさにその”ゴミの山”だと思うんですよ。

    いや、この偉人さまは、一万通りもゴミの山を作っていますから
    私の100ちょっとのサンプルなんて屁のカッパだと思いますが。先は長いですね。

    (必ずしもそうではないのですが、生物分野は特に)
    研究というものはわりと不毛だと思っています笑。
    でもこの言葉があるから失敗しても、「またゴミの山作ったるで!」と思って頑張れてます。
    言葉というものは偉大ですね。

    いつか貯めてきた知識とゴミの山が
    発明に繋がることを祈って...明日からも実験じゃ!
    あと半年で卒業なので、半年以内に繋がってくれないとかなり辛いんですが


    よし、いい感じにまとまった。では。

    理系女子大生の日常*一番しんどい授業とそれを忘れるくらい楽しかった浴衣デー

    こんにちは!6期のゆいとまいかです(^^)/

    さて本題の前に来る9月6日、凛ではイベントを行います^^
    将来に悩みがある方、自分はどういう職業につきたいのかな?と漠然に考えている方は是非いらしてください!

    おいしいお菓子とともにお待ちしております♡

    詳細はこちら→ http://rikeigirlsrin.blog103.fc2.com/blog-entry-786.html
    お申し込みはこちら→http://qq4q.biz/ndxf


    さて本題!
    今回は上智物生二人組で

    私達にとって一番しんどい授業

    そのしんどい授業も忘れるくらい楽しかった上智浴衣デーについてご紹介いたします♡

    私達にとって一番しんどくてやりがいのある授業は、、、

    生物形態学

    という授業です!!

    内容は、ヒトの消化管や肺、腎臓、リンパなどさまざま臓器の働きをかなり細かく習う、という医学部みたいな授業で、授業を聞いてるのは凄く面白かったです(笑)

    でも、テストは持ち込み不可の全問記述で、更に期末試験100%というかなり鬼畜な条件で、本当につらかったです((+_+))

    このテストのために、寝ること大好きな私が三日連続4時間睡眠で頑張りました。。。(結果が伴ったのかはまだわかりません笑)

    テストは本当に本当につらくて腱鞘炎と肩こりが悪化しましたが、この授業を通して様々なことを知ることが出来ました。

    特に、私は名前と部位しか知らなかった十二指腸が、消化において重要な臓器(胃酸中和のために粘液出したり、たくさんの消化酵素が働いたり…)であることに驚きました!!

    また、受験生の時からさんざん生物の先生に言われていた腎臓の偉大さを改めて知ることができました。。!

     まだまだ語りたい内臓の偉大な働きやその仕組みがあるのですが、自重しておきます(´・ω・)

    さて生物形態学以外にも今回のテストはかなり辛いものが多かったですが、テスト前に上智特有の素敵なイベントがありました。

    その様子がこちら♡

    浴衣デー全体

    そう、NHKにも取り上げられ、ツイッターでも話題の

    上智浴衣デーです!

    このイベントでは上智の生徒や教職員の方々が一日だけ浴衣を着て学校に来ていいという日です。日本人は勿論、留学生の人も浴衣を着れる絶好のチャンスなので毎年大盛況のイベントです。
    勿論私服の人もたくさんいますよ。今年物質生命理工学科のみんなは浴衣あまり着ていなくて悲しかった・・・。

    しかしスタッフのゆいまいかは3年間ばっちり浴衣デーを浴衣で楽しんでいます笑笑

    今年は大学の裏のホテルニューオータニの庭園で授業後に二人で散歩してきました。

    浴衣デー ニューオー


    因みにこのとき活動電位の強弱によってカエルの神経筋の収縮を測定する実験が終わったばかり。

    レポートが難しいのなんので苦しんでいる時期でした笑

    でもこの日はそんなことを忘れ、楽しむことができました♡
    息抜きはテスト前だろうと何だろうと大切ですね(^^)


    ここまで読んでくれた方ありがとうございました!!

    谢谢(^^)再见! ←ゆいは中国語が好き

    以上ゆいとまいかでした!

    理系女子大生の日常〜一番しんどくてやりがいのある授業〜

    こんにちは!
    7期のももこです。
    期末試験が終わり夏休みに突入しましたね!!
    凛スタッフもフリーペーパー作成や夏のイベントに向けた準備をしつつ夏休みをエンジョイしています。

    さて、今回お話しするのは”一番しんどくてやりがいのある授業”というわけですが、
    一年生の私がしんどいなんて言ったら他のスタッフたちにしばかれそうで少々ビビっております。汗
    ですが、しんどい授業はもちろんあるわけで・・・
    それがこちら!

    情報処理演習

    簡単に言いますと、プログラミング言語のお勉強です。

    そのなかでも今学んでいるのはC言語
    関数の定義をするのも大変ですが、毎回間違い探しと格闘しております。
    ”;” ←これ忘れたり” } ” ←これ忘れたり
    それと”input”を”inout”と書いていることが非常に多い!
    ・・・今も間違えました( ; ; )
    だんだん目がチカチカしてきますが、思った通りに実行された時の達成感は最高です。

    後期はさらに大変になるそうなので、2ヶ月もある夏休み中にしっかり復習しようと思っています。

    とか言ってたなー結局しなかったけど 

    とならないように、ここに公言することで自分を奮い立たせようとする作戦。笑

    頑張ります!


    皆さんも、暑さに負けず充実した夏にしてくださいね(*´艸`)
    次回の凛スタッフのレポートもお楽しみに。


    理系女子大生の日常〜一番しんどくてやりがいのある授業〜

    こんにちは。
    7期のみほです。
    凛のみんなが試験で忙しそうにしている中、
    私は今日成績発表でした笑

    さて、私の大変だけどやりがいのある授業は
    生物実習です。
    何が大変かというと
    とにかくレポートが多くなんと全部手書きという大変さでした。
    生物系だとあるあるだと思いますが
    (レポートパッド1冊は使いました)

    実習の内容はカエルを使って
    筋肉の収縮・心臓の自動能を調べたり
    モルモットの回腸で平滑筋の収縮性を調べたりしました。
    その中でも特に印象に残ってるのが
    ラットの解剖
    驚かれた方もいらっしゃるかもしれませんが
    医学部でなくても解剖はあるんです!!

    実際に心臓が動いている様子を観察したり
    肺を膨らませてみたり、
    胃から直腸までを一本にしたり、
    首の筋肉ってこんなにしっかりしてるんだ、
    など教科書ではわからないこともたくさん学べる良い機会でした。
    ただ、私はスケッチがとても苦手なのでそこだけが苦痛でしたが…

    これからもこうして生き物の命を頂いて研究していく身なので
    いつも感謝の気持ちを忘れずにいたいと思います。

    なんだかしんみりしてしまいましたが…
    凛のスタッフ同士で話す時は実験の話しで盛り上がることも多々!
    これからのブログでも実習について書いてくれる人がいると思うので
    お楽しみに( ´ ▽ ` )ノ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。